一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 2008年グリーン・ケミストリー・チャレンジ大統領賞の受賞者を発表

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2008.07.04 【情報源】アメリカ/2008.06.24 発表

 2008年グリーン・ケミストリー・チャレンジ大統領賞の授賞式が、6月24日、ワシントンD.C.で開催された。
 この賞は、工業生産過程で発生する汚染物質や廃棄物を削減する化学技術の開発に貢献した個人・団体に贈られる。同賞には、学術、中小企業、グリーン合成法、グリーン反応条件、安全化学物質設計の5部門があり、100名近い候補の中から、専門家による独立審査会の審査を経て、ミシガン州立大学のMaleczka教授、ダウ・アグロサイエンス社など、5名が選ばれた。
 過去13年間における受賞者の功績により、有害化学物質や溶剤を11億ポンド以上、水消費量を210億ガロン以上、CO2排出量を4億ポンド近く抑制できたという。また、エネルギー消費量やコストの削減にも大いに貢献した。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク