一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 医薬品が水に及ぼす影響について調査

水・土壌環境 水質汚濁】 【掲載日】2008.08.27 【情報源】アメリカ/2008.08.06 発表

 EPAは、病院や長期療養施設などによる、未使用の医薬品の廃棄方法に関する調査に利用するため、情報収集要求告示へのコメントを募集している。
 これは、医薬品の廃棄状況や水質への潜在的なリスクについて理解を深めるために、EPAが行っている活動の一つ。将来の規制に役立つような情報を入手し、最善の管理方法や適切な廃棄方法を特定するために、情報を募集している。
 また、EPAは、全米科学アカデミーに、飲料水中に低レベルの医薬品が残留した場合の人体へのリスクについて、科学的なアドバイスを諮問している。全米科学アカデミーでは、スクリーニング方法や医薬品の優先順位付けについてEPAに助言するため、12月11日・12日にワークショップを開催する予定。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク