一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成20年度化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム 東京ビッグサイトで12月に開催

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2008.09.16 【情報源】環境省/2008.09.12 発表

 環境省は、平成20年12月14日、15日の両日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「平成20年度化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム」を開催すると発表した。
 このシンポジウムは、環境省が平成10年から開催してきた「内分泌かく乱作用に関する国際シンポジウム」と、平成15年から開催してきた「小児等の環境保健に関する国際シンポジウム」が昨年度から併せて開催されるようになったもの。
 14日に「未来に翔く子どもたちのためにー子どもの環境保健ー」と題して公開シンポジウムが行われる。
 15日は国内外の専門家により、(1)化学物質等の環境因子とアレルギーに関する研究の最前線について、(2)小児環境保健に関する疫学調査―世界各国で進められる疫学調査―、(3)化学物質の内分泌かく乱作用に関する取組と今後の展望について、の3つのセッションが実施される予定。
 シンポジウムへの参加は2日間とも無料だが、事前登録が必要。登録方法については、10月以降に改めて発表するとのこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク