一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 2007年有害物質排出インベントリー 生データを公表

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.09.19 【情報源】アメリカ/2008.09.10 発表

 EPAは、9月10日、2007年の有害物質排出目録(TRI)の施設レベルのデータを公表し
た。TRIは、工場等から排出される化学物質について、地域住民に重要な情報を提供す
る制度。
 今回公表されるデータは、「電子版施設データ・リリース」(e-FDR)を通じて、EPA
が各工場等から受理したそのままの形となっている。多くの利害関係者が、受理された
基本的なフォーマットのままで、迅速に、データを共有することを求めており、e-FDR
を用いたデータの公表は、今回で5年目となる。
 なお、この日公表された「生データ」は、分類されておらず、従来型の一般データ・
リリース(PDR:EPAの受理後、データの質のチェックと分析が行われる)ほど検索が容
易ではない。完全なPDRは、2009年初めに公表される予定。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ