一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ロッテルダム条約第4回締約国会議 PICリストの対象拡大を検討

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.10.22 【情報源】国連/2008.10.16 発表

 10月27〜31日まで、ローマで開催されるロッテルダム条約第4回締約国会議において、トリブチルスズ(TBT)化合物、エンドスルファン及びクリソタイル・アスベストを事前通報・同意リスト(PICリスト)に追加するかが決定される。
 この条約は、特定の有害化学物質の貿易に当たって、輸入国に事前に通報し、同意を得ることを求めるもの。PICリストに掲載されると、途上国は、その化学物質を受け入れるか、あるいは安全に管理できないとして受け入れを拒否するか、決定できるようになる。既にDDTなど39種類の有害物質がPICリストに掲載されている。
 今回の3種類の化学物質については、専門家の技術委員会での勧告に基づいて、リストへの掲載が提案された。
 なお、クリソタイル・アスベストについては、昨年の締約国会議でも提案されたが、クリソタイル・アスベストの生産国・輸出国などが反対したため、今回の会議で再検討されることとなった。【UNEP】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ