一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

絶縁油に含まれる微量のPCB測定方法及び評価中立機関を公募開始

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.12.01 【情報源】環境省/2008.11.27 発表

 環境省は、絶縁油に含まれる微量のPCBの測定方法と、測定方法の評価を行う中立機関を公募すると発表した。
 微量PCB混入廃電気機器等は、PCBが使用されていた電気機器等と異なり、銘板等ではPCBの含有の有無を判断することができず、多くの電気機器についてPCBの測定を行う必要性がある。このことから、微量PCB混入廃電気機器等の効率的かつ確実な処理を進めるためには、短時間にかつ低廉な費用で微量のPCBを測定できる方法の確立が求められてきた。
 応募締切は、測定方法については平成20年12月25日(必着)、中立機関については平成20年12月11日(必着)。
 応募要件の詳細はプレスリリースを参照。【環境省】


○問い合わせ先及び応募書類送付先
 財団法人産業廃棄物処理事業振興財団
 技術部(担当:泉澤、福本、瀬戸)
 〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2丁目6番1号
 TEL:03-3526−0155
 FAX:03-3526−0156

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク