一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

コーデックス連絡協議会の結果を報告

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2009.04.16 【情報源】厚生労働省/2009.04.15 発表

厚生労働省と農林水産省は、4月13日(月)に開催された第39回コーデックス連絡協議会(会場:三田共用会議所大会議室)の開催概要について発表。
コーデックス連絡協議会は消費者、関係業界及び学識経験者等で構成され、年間を通じ世界各地で開催される部会等において検討される規格案のうち、特に国民の関心の高い事項について、過去の部会等での検討結果及び今後の部会での規格案等について意見交換を行うもの。
第39回に当たる今回の会合では、第30回分析・サンプリング法部会、第41回食品添加物部会、第3回汚染物質部会、及び第25回一般原則部会についての報告と、今後開催が予定されている第41回残留農薬部会、第37回食品表示部会、及び第18回食品残留動物用医薬品部会の主な検討議題の説明に対し、主に次の質疑応答及び意見交換が行われた。
なお、コーデックス委員会は、消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保等を目的として、1962年にFAO及びWHOにより設置された国際的な政府間機関で、国際食品規格の作成等を行っている。日本は1966年から参加している。【厚生労働省】【農林水産省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク