一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日本政府 パプアニューギニアの海岸幹線道路橋梁整備計画へ 無償資金協力

地球環境 国際環境協力】 【掲載日】2009.06.26 【情報源】外務省/2009.06.25 発表

 日本政府は、パプアニューギニア政府が取り組んでいる「ブーゲンビル海岸幹線道路橋梁整備計画」に対し、総額31億5,400万円を限度とする一般プロジェクト無償資金協力を行うことを決定。2009年6月25日、パプアニューギニア首都ポートモレスビーにおいて交換文書の署名式が行われた。
 この協力は、ブーゲンビル自治州にある全長約190qの国道上の、15か所の橋梁等を整備するために必要な資金を供与するもの。
 日本政府は、これまで一貫してパプアニューギニアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するもの。【外務省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク