一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

経産省 化学物質審査規制法に基づく第一種特定化学物質に相当する化学物質に係る審議結果を公表

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2009.06.29 【情報源】経済産業省/2009.06.29 発表

 経済産業省は、化学物質審議会において、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約において附属書への追加が決定されたペルフルオロ(オクタン-1-スルホン酸)(別名PFOS)等9種類(12物質)については、化学物質審査規制法に基づく第一種特定化学物質として指定することが適当であるとの結論が得られたと発表。
 厚生労働省、経済産業省及び環境省は、今般の審議結果を踏まえ、今後、必要不可欠な用途として限定的に使用を認めることの可否や、禁止・制限をする際の必要な措置について検討し、当該物質を第一種特定化学物質として指定する。
 なお、化学物質審査規制法の第一種特定化学物質に指定された場合には、その製造・輸入について事前の許可が必要となり、使用についても認められた用途以外は禁止される。【経済産業省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク