一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

環境省 微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染の環境基準を告示

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2009.09.09 【情報源】環境省/2009.09.09 発表

 環境省は、微小粒子状物質に係る環境基準について、平成21年9月9日付けで告示を行った。
 平成20年12月9日に環境大臣が諮問した「微小粒子状物質に係る環境基準の設定について」に対して、中央環境審議会は平成21年9月3日に環境大臣に対し答申を行った。
 環境省は、これを受けて、環境基本法に基づく大気の汚染に係る環境基準を告示したとのこと。
 今回の告示では、微小粒子状物質に係る環境基準として、「1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。」としている。
 また、微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊する粒子状物質であって、その粒径が2.5μmの粒子を50%の割合で分離できる分粒装置を用いて、より粒径の大きい粒子を除去した後に採取される粒子としている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク