一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 2010年もディーゼル車粒子状物質除去フィルターに補助金

大気環境 交通問題】 【掲載日】2009.12.28 【情報源】ドイツ/2009.12.16 発表

 ドイツ連邦政府は、12月16日、ディーゼル乗用車への粒子状物質除去フィルターの追加装備に対する補助金を、2010年も継続することを発表した。これは、2010年の予算案に含まれている。さらに、この補助金は、軽商用車に対しても拡大される。
 2010年の補助金は、予算法の公布後に支払われるが、2010年初めに実施された追加装備に対しても支払われることになる。
 現在の補助金プログラムでは、粒子状物質除去フィルターの追加装備に対し、330ユーロが直接支払われている。この補助金プログラムでは、2009年12月31日までに実施した追加装備のみ考慮され、2010年2月15日まで、連邦経済・輸出管理局に申請することができる。
 ディーゼル乗用車の所有者による追加装備は増えており、2009年の初めから半ばまで、毎月6000台にフィルターが追加装備された。これは、既に目標の4倍である。追加装備が施されたディーゼル車には、数多くの都市で設置されている環境ゾーン内の走行に有利なシールが提供される。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース