一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

検査した検体すべてで異常なし 野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査(平成22年1月分)

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2010.03.01 【情報源】環境省/2010.02.26 発表

 環境省は、27道府県(注)の29市町で、平成22年1月に実施した野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査で、採取した全検体にウイルスが確認されなかったことを発表した。
 今回のウイルス保有状況調査は、ガンカモ類の糞計2,558検体を採取して国立環境研究所などで検査したもの。

(注)調査を行った道府県は、北海道、青森県、岩手県、山形県、福島県、茨城県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、長野県、富山県、石川県、福井県、愛知県、滋賀県、大阪府、奈良県、島根県、岡山県、山口県、香川県、高知県、佐賀県、熊本県、宮崎県、沖縄県。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク