一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

環境省 微量PCBを含む廃棄物の焼却実証試験 実施へ

ごみ・リサイクル ごみ処理】 【掲載日】2010.03.11 【情報源】環境省/2010.03.11 発表

 環境省は、平成22年3月15日〜17日に、兵庫県神戸市の神戸環境クリエート株式会社において「微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験」を実施すると公表した。
 PCBを使用していない変圧器(トランス)の中に、実際には微量のPCBが混入した絶縁油が含むものが大量に存在することが判明しており、同省ではこれらの処理体制の整備に向け、平成17年度から既存の産業廃棄物処理施設において微量PCB汚染廃電気機器等の焼却実証試験を行い、安全かつ確実に処理できることを確認してきた。
 一方、平成21年3月に「中央環境審議会廃棄物リサイクル部会微量PCB混入廃重電機器の処理に関する専門委員会」でとりまとまられた「微量PCB混入廃電気機器等の処理方策について」において、「今まで微量PCB混入廃電気機器等を対象として行われてきた実証試験により得られた技術的知見は、微量のPCBを含む他の廃棄物の処理にも応用できる可能性がある。この点を確認するための実証試験を更に実施することにより、PCB廃棄物の処理体制を検討していくことが望ましい。」とされたことから、この程、関係自治体である兵庫県神戸市及び実証試験施設の設置者である神戸環境クリエート(株)の協力を得て、微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験を実施することにしたもの。
 今回の試験では、微量PCB汚染廃電気機器等(微量のPCBを含む絶縁油)及び微量のPCBを含む廃棄物汚泥)を焼却処理し、処理後の燃え殻、排ガス中のPCB濃度等を分析することにより、これらが適正に処理されていることを確認したいとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク