一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成22年春のスギ・ヒノキ科花粉の飛散状況及び終息時期の予測を公表

健康・化学物質 アレルギー】 【掲載日】2010.04.19 【情報源】環境省/2010.04.16 発表

 環境省は、平成22年春のスギ・ヒノキ科植物の花粉飛散終息時期などの予測をまとめ、平成22年4月16日付けで公表した。
 公表によると、今シーズンのスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、東北や関東地方の一部を除き、非常に少なく推移している。
 スギ花粉の飛散については、九州、中国、四国及び近畿地方では3月中旬から下旬にはほぼ終息し、北陸地方南部、東海及び関東・甲信地方では4月上旬には終息したものと判断、東北地方南部では4月下旬、東北地方北部及び北海道は5月上旬に終息すると見込んでいる。
 昨シーズンとの比較では、近畿地方以西で2週間程度、東海、北陸及び関東・甲信地方で3週間程度早くなっており、東北で1週間程度終息が早まると見込んでいる。
 ヒノキ科花粉の飛散については、九州南部では4月上旬に終息したものと判断。また、九州北部、四国及び中国地方では4月中旬に、近畿、東海地方及び関東・甲信地方の南部では4月下旬に、北陸及び関東地方北部より北の地域では5月上旬にそれぞれ終息する見込みで、ほぼ昨年並の終息時期になると考えている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク