一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成22年度環境技術実証事業「小規模事業場向け有機性排水処理技術分野」実証試験要領を策定、実証機関の公募開始

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2010.05.17 【情報源】環境省/2010.05.14 発表

 環境省は、平成22年度環境技術実証事業のうち、平成22年度環境技術実証事業検討会 小規模事業場向け有機性排水処理技術 ワーキンググループ会合(第1回)における検討結果等を踏まえ、「小規模事業場向け有機性排水処理技術 実証試験要領」(第3版)を策定したと発表。併せてこの分野の実証運営機関である財団法人日本環境衛生センターにより実証機関の公募が平成22年5月28日まで実施されると報じた。
 環境技術実証事業は、すでに適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術実証の手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的とするもの。
 実証機関は、環境省及び実証運営機関である財団法人日本環境衛生センターの委託を受け、実証対象技術の公募・審査、実証試験計画の策定、実証試験の実施、実証試験結果報告書の作成等の業務を行う。
 なお、応募方法等詳細に関しては、プレスリリースまたは実証運営機関(財団法人日本環境衛生センター)のウェブサイト(http://www.jesc.or.jp/index.html)を参照のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク