一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、安全な飲み水のためウェブフォーラムを開催

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2010.08.26 【情報源】アメリカ/2010.08.17 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、きれいで安全な飲み水を守る方策について国民の意見や情報を集めるため、インターネット上に意見交換の場を設けている。EPAは、誰でも参加できるこのオンライン・ディスカッションを通じて、水に関わる専門家や活動家をはじめ、飲料水の水質問題ついて関心がある国民が、水質に関する科学的ツールの開発、汚染の防止、水資源の利用など、アメリカの飲み水に関する問題解決についての意見や情報を提供するよう求めている。寄せられた情報は、2010年3月にジャクソンEPA長官が発表したEPA飲料水戦略の実施にあたって活用されるという。
 フォーラムの議論は、飲料水戦略の4つの区分に沿って行われる。4つの区分とは、
- 汚染物質を個別の物質でなくグループとして扱う
- 新技術の開発を促進する
- 飲み水保護のため、既存の法律の権限を活用する
- データの交換・共有のため、州と協力する
 このウェブフォーラムの開催期間およそ1カ月の間に、テーマ別に議論が行われる。【アメリカ環境保護庁(EPA)】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース