一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ヒ素の健康リスク低減のための指針値を設定 中環審の有害大気汚染物質第九次報告案

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2010.09.06 【情報源】環境省/2010.09.06 発表

 中央環境審議会大気環境部会は、平成22年9月6日までに「今後の有害大気汚染物質対策のあり方について(第九次報告案)」を取りまとめた。
 この報告案は、ヒ素及び無機ヒ素化合物による健康リスクの低減を図るための指針となる数値を示したのも。今回提示された指針値では、年平均値6ng-As/m3 以下としている。
 環境省では、今回の報告案について平成22年9月21日まで意見の募集を行う。意見の提出方法等詳細に関しては、プレスリリースを参照のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク