一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

中国、上場企業に義務化する環境影響情報開示への指針につきパブリックコメントを募集

環境行政 その他(環境行政)】 【掲載日】2010.10.01 【情報源】中国/2010.09.14 発表

 中国環境保護部(MEP)は、情報に基づく選択への市民ニーズを満たし、環境保護に向けた社会的責任の積極的な遂行を上場企業に義務付けるために、「上場企業の環境影響情報開示指針」を設けることを発表、これに関するパブリックコメントを募集する。MEP高官によると、中国は、「環境情報開示措置案」、「環境保護のための上場企業監視強化に関する見解」等の規則を公布して企業の環境影響情報開示を促進、これまでも大きな成果を上げてきた。さらに制度の透明性と実施可能性を高めるため、今回の指針を策定した。上場企業を対象にした今回の指針は、石炭火力、製鉄、セメント、電解アルミ等の高汚染性16業種の上場企業に対し、年次環境報告書を発行して汚染物質の排出、環境規制の遵守状況及び環境管理の状況を公表するよう義務付ける。また、上場企業が突発的な環境事故を引き起こした場合や環境問題で重い罰則を科された場合には、その詳細を示した臨時環境報告書の公表も義務付ける。パブリックコメントの募集期間は2010年9月25日まで。 【中国環境保護部(MEP)】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース