一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成23年度の公害健康被害の障害補償標準給付基礎月額 決定

健康・化学物質 アレルギー】 【掲載日】2011.04.04 【情報源】環境省/2011.03.31 発表

 環境省は、公害健康被害補償法に関する平成23年度の「障害補償標準給付基礎月額(告示で規定)」、「遺族補償標準給付基礎月額(告示で規定)」を改定するとともに、大気汚染系疾病に係る被認定者の補償給付の財源などにあてるために一定のばい煙発生施設等設置者から徴収している「汚染負荷量賦課金(政令で規定)」の改定を行った。
 このうち、障害補償費は公健法の被認定者に対し、その障害の程度に応じ月々支給されるもので、平成23年度の給付月額は平成22年度の給付月額に比べ、男性は平均1.5%減額、女性は平均0.1%増額された。
 また、遺族補償費は、指定疾病に起因して死亡した被認定者と生計維持関係にある一定の遺族に対して、10年を限度として月々支給されるもので、平成23年度の給付月額は平成22年度の給付月額に比べ、男性は平均1.5%減額、女性は平均0.1%増額された。
 これらの政令改正や告示は平成23年4月1日に施行される。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク