一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

汚染土壌の浄化技術 平成22年度採択2件について技術評価結果を公表

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2011.05.24 【情報源】環境省/2011.05.24 発表

 環境省は、実用段階にある低コスト・低負荷型の土壌汚染調査・対策技術や、ダイオキシン類汚染土壌浄化技術の総合的技術評価事業の平成22年度対象技術2件の評価結果について発表した。
 今回評価対象となったのは、[1]東電設計(株)の「高圧ジェット水を用いた土壌洗浄技術」、[2]大成基礎設計(株)の「VOC汚染土の強制浄化装置による浄化」。
 公表された評価結果には、「平成22年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査」検討会による概評を付している。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク