一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

今後の環境教育・普及啓発の在り方を考える検討チーム報告書まとまる

環境学習 環境倫理/思想】 【掲載日】2011.08.08 【情報源】環境省/2011.08.05 発表

 環境省は、平成23年8月5日までに「今後の環境教育・普及啓発の在り方を考える検討チーム報告書」を取りまとめ、公表した。
 この報告書では、先ず、環境教育・普及啓発の理念を整理した上で、これまでの国の取組を振り返り、今後の課題を抽出し、全体戦略を立てるとともに、各セクター(国、自治体、企業NGO/NPO、一般市民)の役割分担を整理している。
 なお、環境省では、今回の報告書はあくまでも叩き台であり、この提言を1つのきっかけとして、今後もこれからの日本の社会や世界にとって必要な環境教育や普及啓発に関する議論が、学校や職場など様々な場でなされることを願うとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク