一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東日本大震災の被災地における大気環境モニタリング調査結果 まとまる

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2011.08.30 【情報源】環境省/2011.08.30 発表

 環境省は、東日本大震災の被災地における大気環境モニタリング調査結果を取りまとめ公表した。
 今回のモニタリング調査は、東日本大震災の被災地(岩手県、宮城県、福島県及び茨城県)全30地点において、常時監視対象物質(二酸化硫黄二酸化窒素浮遊粒子状物質及び一酸化炭素)、ダイオキシン類及び有害大気汚染物質優先取組物質)を対象に実施したもの。
 今回は、7月12日に公表した常時監視対象物質に引き続き、ダイオキシン類及び有害大気汚染物質優先取組物質)の分析結果について公表した。
 公表によると、各測定物質の環境基準値と比較したところ、環境基準値が設定されている物質については、測定した30地点すべてにおいて環境基準値以下でしたが、指針値が設定されている物質については、ヒ素及びその化合物において、1地点で指針値を超過した。
 環境省では、指針値を超過した地点については、9月以降再調査を実施するとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク