一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

北極上空のオゾン破壊が観測史上初めて南極オゾンホールに匹敵する規模に

地球環境 オゾン層】 【掲載日】2011.10.04 【情報源】国立環境研究所/2011.10.03 発表

 国立環境研究所は、平成23年10月3日 この冬から春にかけて北極上空で起こったオゾン破壊は観測史上最大規模であり、初めて南極オゾンホールと匹敵する規模のオゾン破壊が起こっていたことを確認したと発表。
 今回の現象は、米国の人工衛星搭載センサーMLS、CALIPSO、OMI及び8カ国の北極圏におけるオゾンゾンデ※観測により明らかになったもの。
 国立環境研究所では、ロシアにおけるオゾンゾンデ観測を分担、高度18-20 kmでのオゾン破壊が80%まで進んだことを確認。今後もこのような規模の北極上空でのオゾン破壊が起こる可能性は否定できないとしている。

オゾンを測定する装置を載せた気球によって、地表付近から地上約30 kmまでのオゾン量を直接観測する機器。

【国立環境研究所】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク