一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成23年度環境技術実証事業 VOC簡易測定技術分野における実証機関の選定及び実証対象技術 募集開始

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2011.10.24 【情報源】環境省/2011.10.24 発表

 環境省は、平成23年度環境技術実証事業 VOC簡易測定技術分野の「実証機関」として、公益社団法人日本環境技術協会を選定し、「実証機関」において「実証対象技術」の公募を平成23年11月21日まで実施すると発表した。
 環境技術実証事業は、すでに適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術実証の手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的とするもの。
 (社)日本環境技術協会において、今回公募する「実証対象技術」は、VOC測定技術で、操作・管理の容易性や定量の迅速化などの特徴をもったもので、VOC取扱い事業所における工程管理、機器管理、VOC処理装置管理、作業環境管理等、VOC排出削減の自主的取組みに有用な技術で、特に事業所内での測定を念頭に▽VOCに関して複数成分を同時に測定できる技術であること、▽操作・管理等が簡便であること、▽製品化されていること−−の条件に該当するもの。
 申請方法の詳細は、プレスリリースの添付資料を参照のこと。

○問い合わせ先
平成23年度環境技術実証事業 VOC簡易測定技術分野 実証機関
公益社団法人 日本環境技術協会 担当:三笠 元
電子メール:jeta_vocetv@jeta.or.jp
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4丁目8番30号 アルス市ヶ谷201
電話:03-3263-3755,050-5530-2324 FAX:03-3263-3741

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク