一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、2012年グリーン・ケミストリー・チャレンジ大統領賞の候補募集

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2011.11.28 【情報源】アメリカ/2011.11.09 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、2012年グリーン・ケミストリー・チャレンジ大統領賞の候補受け入れを開始した。グリーンケミストリーとは、環境や人の健康に有害な化学物質の使用・発生を削減する、化学製品や生産工程の設計を意味し、グリーンエコノミーにおける新たな雇用創出にもつながっているという。大統領賞は、より安全で環境負荷の少ない化学製品・製造工程の開発技術を顕彰するもの。17回目となる2012年グリーン・ケミストリー・チャレンジ大統領賞では、ジイソシアン酸、ビスフェノールAホルムアルデヒド水銀等、子どもの健康に深刻なリスクとなる重点物質を削減・除去する技術の推薦を奨励している。過去16年間に、1400件を超える候補のうち、EPAにより賞を授与されたのは82件。その技術だけで、有害化学物質1億9900万ポンド以上、CO2 排出量5700万ポンドの削減・除去と、水使用量210億ガロンの節約に貢献しているという。受付期限は、2011年12月31日。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース