一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

「第4回アジア太平洋地域生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)ワークショップ」等 開催

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2011.12.16 【情報源】環境省/2011.12.16 発表

 環境省は、平成23年12月2日〜4日に東京において開催した「第4回アジア太平洋地域生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)ワークショップ」及び「AP-BON国際シンポジウム」の結果をとりまとめ公表した。
 ワークショップでは、種・遺伝子、森林、陸水、海洋の4つの作業グループを設け議論が行われ、その検討結果を全体会合でとりまとめるという形で作業を行い、AP-BONの実施計画の案をとりまとめた。今後、関係者への意見照会などを経て、実施計画がとりまとまる予定。また、2012年以降の主要な取組として、地球環境研究総合推進費等の研究費による調査研究の実施、2012年9月に開催される国際自然保護連合(IUCN)主催の第5回世界自然保護会議(WCC5)におけるAP-BONワークショップの開催などで合意に至った。
 国際シンポジウムでは、AP-BON共同議長の矢原教授より第4回AP-BONワークショップの成果発表の後、生物多様性条約、IPBES(生物多様性生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム)、GEO-BON(地球観測グループ生物多様性観測ネットワーク)、GBIF(地球規模生物多様性情報ファシリティー)など関連する国際的な枠組みに関する動向の発表があった。その後、「生態系サービスに関する観測」「生物多様性に関する情報地図」などのテーマによりパネルディスカッションを行った。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク