一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

カナダ政府、シロキサンD5は環境に有害ではないとの結論を公表

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2012.03.15 【情報源】カナダ/2012.02.29 発表

 カナダのケント環境大臣は2012年2月29日、カナダ政府がシロキサンD5(デカメチルシクロペンタシロキサン)には環境への有害性はないとの結論に至ったと発表した。環境大臣によれば、この決論は、シロキサンD5に関する諮問委員会から2011年秋に提出された報告書、入手できるすべての科学情報、国際的規制活動等の徹底した分析をふまえたもので、「国民の健康及び環境を保護するための事実に基づいた判断」へのカナダ政府の強い姿勢を示しているという。シロキサンD5は無色無臭の液体で、防臭剤、制汗剤、化粧品、シャンプー等数多くの製品に含まれている。シリコーンポリマーの生産に使われるほか、ドライクリーニング溶剤としても使用されている。
 同諮問委員会は、2010年8月、カナダ政府による前年のシロキサンD5スクリーニング評価結果やその後の科学情報を検討するようにとの環境大臣の要請を受けて設置された。シロキサンD5はカナダの化学物質管理計画の対象とされているが、委員会はこれらの情報に基づき、環境への害はないと結論付けた。【カナダ環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース