一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、地域の持続可能な成長への技術支援対象を募集

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2012.10.03 【情報源】アメリカ/2012.09.19 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、地域社会が持続可能な成長を実現できるよう技術的支援を行うプログラムの2013年の支援対象を募集している。今回は44地域を選抜する予定だという。
 対象は国内の農村・郊外・都市部の地域社会で、支援内容としてEPAは以下のようなツールを提供するとしている。
・官民投資の経済的利益を高めるスマートグロースの利用
・汚染物質を含む路面雨水の管理のためのグリーンストリート戦略
・水質を保全する土地利用戦略
・地域の駐車政策を評価し駐車管理戦略について助言する駐車戦略評価
・通勤・通学の選択肢を増やす自転車シェアリングシステム
・高齢者が自宅で長く生活できるようにするコミュニティデザイン
・グリーンビルディング・ツールキット
・小都市や農村地帯のコミュニティが個性を守りつつ発展できるようにするための戦略
 EPAは、2010年に本プログラムを開始してから、600以上のコミュニティから申請を受け、うち140に実際に支援を行った。例として、シカゴ郊外の3地域と協力し、各地域の土地利用戦略と地域の水質改善目標を組み合わせた戦略を策定している。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク