一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

EU グリーンウィークが開幕。今年のテーマは大気

大気環境 その他(大気環境)】 【掲載日】2013.06.18 【情報源】EU/2013.06.04 発表

 欧州最大の環境会議である「グリーンウィーク」が6月4日から6月7日までの予定で開幕した。今年のテーマは「大気」であり、NGO、政府、EU職員ら約3000人の参加者が、工業製品やエネルギー生産の増加、道路交通の増加や都市化の進行、化石燃料の燃焼、気候変動などと関連した大気問題について議論する。また、企業などによるベストプラクティスの紹介も予定されている。さらに、代替燃料で動く自動車のテスト走行が行われる。2013年は大気年であり、年内に大気質政策が審議される。過去、大気質は改善されたものの、EU域内の密度の高い地域では、粒子状物質や二酸化窒素といった複数の有害物質大気汚染基準を超過している状況にある。ポトニック欧州委員会担当委員は、「大気汚染の悪化は、医療費の高騰や人命の損失、病欠の増加などが発生し、高くつく。グリーンウィークは、政策決定者や地域社会や市民団体の代表者、公共機関や企業が、我々が呼吸する大気の改善方法について、アイデアを交換することができる貴重なプラットフォーム。現行の法令の改善案も歓迎する」とコメントした。【欧州委員会環境総局】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース