一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

環境省、モニタリングサイト1000 海鳥調査第2期とりまとめ報告書を公表

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2015.03.24 【情報源】環境省/2015.03.24 発表

 環境省生物多様性センターは、モニタリングサイト1000の一環として実施している海鳥類調査について、平成21年度から25年度までの調査成果をとりまとめ公表した。
 調査成果のとりまとめから、海鳥類の繁殖状況の指標となる巣数等の動向を分析した結果、環境省レッドリスト掲載種を含むウミツバメ類の巣穴数について、増減の比較が可能な7サイト中5サイトで巣穴数が減少しており、 特に日出島(岩手県)と小屋島(福岡県)の減少が著しいことが明らかとなった。
 また、海鳥の営巣地における繁殖阻害となりうる要因として、大型ネズミ類や飼いネコが野生化したノネコによる捕食、レジャーなどの人為攪乱などが確認された。海鳥営巣地においては、捕食者となる動物の管理やレジャー利用の適正化など適正な管理が求められる。
 環境省は、生態系の変化を明確に捉えるために長期間の継続的なモニタリングが必要であり、今後も引き続き行うとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ