一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

パナソニック、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスに安心要素を加えた住宅発売

エネルギー 省エネルギー】 【掲載日】2015.07.02 【情報源】企業/2015.06.30 発表

 パナソニックは、「スマートウェルネス住宅」を7月1日に発売する。年間の一次エネルギー消費量がおおむねゼロになるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に安心・健康の要素を加えた住宅だ。狭小地用のコンパクト型から最高等級の断熱性能がある型まで3タイプを用意した。パナソニックの住宅を扱うビルダーズグループ加盟店が販売する。
 太陽光発電システム、蓄電池、住宅エネルギー管理システム(HEMS)といったゼロ・エネルギー製品と併せて、高耐震・高耐久構造、PM2.5(微小粒子状物質)に対応する天井埋め込み形空気清浄機や熱交換気システム、断熱性能などの安心・健康に配慮する機能を備える。エネルギー消費を抑えるとともに断熱や空気質に配慮した快適な環境を実現する。
 太陽光発電システムで創った電気を蓄電池に蓄える「創蓄連携システム」によって、生活スタイルに合わせて電気が有効利用でき、電気代の節約や電気の自給自足ができる。HEMSはエネルギーや空気質を「見える化」し、エアコンなどの機器をコントロールするほか、空気清浄機が検知したPM2.5やハウスダスト、臭いを6段階のレベルで表示する。
 都市型の「テクノゼロ」(規格型)、郊外型「つむぎえゼロ」(自由設計)、最上位「スマートエコイエ ゼロアドバンス」(同)をそろえた。スマートエコイエ ゼロアドバンスは北海道の基準を上回る断熱性を確保するとともに電力使用量に応じた照明の自動制御なども装備する。この3タイプを含むZEH全体で2015年度に1000棟の販売を目標にする。【パナソニック(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ