一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、地域の環境活動を資金面で支援する環境資金センターに資金拠出

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2015.09.08 【情報源】アメリカ/2015.08.25 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、地域の環境活動のための資金調達を支援する「環境資金センター」として、メリーランド大学など9機関に資金を提供すると発表した。これらの機関は、州や地方自治体、部族社会、公益事業、地域社会に対し、環境資金に関する技術的支援を行う地域の拠点として、次のような事項の支援を行うという。
・インフラの資金計画
・公共用水などの環境インフラシステムのための能力構築
・環境関連の雇用、製品、サービスの創出
・回復力、安全性、持続可能性を考慮した環境インフラの導入
・水域および水システム管理のための、コンピューターの利用を含む資金調達および支援ツールの導入
・環境に関するサービス、インフラ、プロジェクトのための官民連携モデルの構築
・環境的公正に関する教育
・飲料水や処理水の水質保全、エネルギー効率、管理、資本計画
・州間、州、地方における大気汚染削減のための革新的な資金調達方法の確立
今回の助成対象9機関は、2016年〜2021年にかけて環境資金センターとしての役割を担う。
【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース