一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、地域の飲料水の水源や汚染状況のマッピングツールを公開

水・土壌環境】 【掲載日】2016.03.07 【情報源】アメリカ/2016.02.19 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、アメリカ各地の飲料水の水源や汚染の可能性などの情報を提供するオンラインのマッピングツール「水源保護のための飲料水マッピングアプリケーション」を公開した。このツールによって、ユーザーは飲料水の水源となっている水域や汚染の可能性、水道会社の詳細を知ることができるほか、地域社会の飲料水の水源を守る取組に参加する方法もわかるという。水道会社や州の飲料水プログラムの管理者は、このツールを州や地域のデータと併せて利用することで、汚染の起こり得る水源の特定、水源の評価や計画策定に役立つデータの入手、突発的な汚染物質の漏えいや放出の評価が可能になる。また、飲料水保護の取組を、連邦、州、地域における他の環境計画と統合できるという。EPAは、「飲料水の安全性を保証するには水源の保護が重要であり、このツールはデジタル技術を利用して公衆衛生と環境を守る最新事例になる」としている。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース