一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス、泥炭地回復のための助成金の対象プロジェクトを公募

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2017.08.04 【情報源】イギリス/2017.07.21 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、イングランドの泥炭地回復のための計1000万ポンドの助成金について、対象となるプロジェクトの公募を開始した。イングランドの11%を占める泥炭地は、コチョウゲンポウやハマシギ等の鳥類にとって好適な生息地となっている。また人間の飲料水の70%を供給し、32億トン以上のCO2を貯蔵するといった役割も担っている。しかし、泥炭地の5分の4は回復が必要な状態にあるという。助成対象は、泥炭地の回復、野生生物の生息地の確保、洪水リスクの低減、CO2貯蔵量の増加につながる取組で、特に温室効果ガスの削減量や費用対効果、環境メリットが大きいプロジェクトから選出される。助成申請は2017年11月20日まで、助成期間は2018年4月から3年間となっている。これは、DEFRAが自然環境整備プロジェクトに拠出する1億ポンドの直接投資の一環である。DEFRAはすでに、執行非省庁公共機関(NDPB)であるナチュラル・イングランドの泥炭地回復事業に400万ポンドを助成しており、コケ類の生息に必要な水位の引き上げや希少種の再植に役立てられている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース