一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省、平成29年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)における実証対象技術の選定を承認

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2017.08.07 【情報源】環境省/2017.08.07 発表

 環境省は、平成29年度環境技術実証事業について、ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)の実証機関である特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会による審査を経て選定された実証対象技術4件を承認した。

 本技術分野は、ヒートアイランド対策技術のうち、「地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム」の実証試験を行っている。
 地中熱等(地下水河川・下水等の熱も含む)は、冬は外気よりも暖かく、夏は外気よりも冷たいという特性があることから、地中等を熱源とするこの空調システムは、外気を熱源とするものと比べ、冷暖房時のポンプや圧縮機の消費電力量を低減させることができ、空気(外気)を熱源とするものよりも効率よく建築物の冷暖房を行うことができる。

 実証試験の詳細は下記参照のこと。
  http://www.env.go.jp/policy/etv/system/page_3.html

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース