一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

世界の主要金融センター、持続可能な金融の促進に向けた国際ネットワークの創設に合意

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2017.10.13 【情報源】国連/2017.09.28 発表

 国連環境計画(UNEP)によると、モロッコのカサブランカで開催された初の金融センターの国際会議で、10以上の世界の主要金融センターが、環境配慮型の持続可能な金融を目指した国際ネットワークを創設することで合意した。意識の向上、共通基準の促進、イノベーションの推進や、グリーンファイナンスの拡充に不可欠な能力の形成を行っていくという。銀行、投資、保険市場が集中する金融センターには、パリ協定や持続可能な開発目標(SDGs)の実施のための資金動員を推進する役割を担うことが期待されており、持続可能な開発と環境問題の解決に資する取組を始める金融センターが増えている。先のG7環境大臣会合でも、金融センターによる国際的なネットワーク形成の意義が取り上げられた。今回参加を表明したのは、アスタナ、カサブランカ、ダブリン、香港、ミラノ、ロンドン、ルクセンブルク、パリ、カタール、上海、ストックホルムの金融センターである。2018年初頭には、イタリアで同ネットワークの創設会議が開催される。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース