一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成29年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における実証対象技術を選定

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2017.11.29 【情報源】環境省/2017.11.28 発表

 環境省は、平成29年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)において、実証機関である一般財団法人 建材試験センターにより、実証対象技術3件が選定され、これを承認したと発表した。

 環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、その環境保全効果、副次的な環境影響、その他環境の観点から重要な性能についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術実証の手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展に資することを目的とするもの。

 ヒートアイランド対策技術のうち、「建築物外皮による空調負荷低減等技術」とは、建築物(事務所、店舗、住宅など)に設置・施工ができる外皮によって室内冷房負荷の低減等をさせ、人工排熱を減少させる技術。
 代表的なものとしては、窓ガラスの遮蔽性能を向上させる「窓用日射遮蔽フィルム」や「窓用日射遮蔽コーティング材」等がある。

 選定された実証対象技術についてはプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース