一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

滋賀県、食品ロス削減へ登録店募集 三方よしフードエコ推奨店

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2017.12.15 【情報源】地方自治体/2017.10.24 発表

 滋賀県は、売れ残りや食べ残しなどで廃棄される「食品ロス」を削減する取り組みを実践する飲食店や宿泊施設などを「三方よしフードエコ推奨店」として登録する制度を設け、参加店舗を募集している。
 対象は、県内の飲食店や料理を提供する宿泊施設、食料品小売店。飲食店・宿泊施設は、食べ残しを少なくするメニューの設定▽料理の量の調節▽完食した来店者に対する独自サービス―など、食料品小売店は、ばら売り・量り売りによる販売▽割引販売▽食品ロス削減レシピの情報提供―などのうち、それぞれ1項目以上の実践が登録に必要。
 登録すると、県が提供するステッカーやポスター、卓上ポップなどを店頭に掲示して取り組みをPRし、登録の際に選択した食品ロス削減の取り組みを実践する。県はホームページなどで推奨店を紹介する。
 登録を希望する店舗は、県ホームページから登録申込書をダウンロードして必要事項を記入し、郵送またはファクス、Eメール、持参で県循環社会推進課に提出する。事業者単位で複数店舗分をまとめて登録申請できる。登録の申し込みは随時受け付けている。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース