一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ラムサール条約、コンゴ川流域に世界最大の「複数の国にまたがるラムサール湿地」が誕生と発表

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2017.12.11 【情報源】国連/2017.11.21 発表

 ラムサール条約によると、コンゴ共和国とコンゴ民主共和国(DRC)は、コンゴ川流域の3つのラムサール登録湿地を「複数の国にまたがるラムサール湿地」として共同で管理することに合意した。これはコンゴ川をはさんでコンゴ共和国のテレ湖やDRCのトゥンバ湖などを結んだ複合湿地系で、全体で12万9000平方キロメートルを超える世界最大の「複数の国にまたがるラムサール湿地」となる。コンゴ川流域は世界でも最大級の淡水域を擁し、流域の泥炭地は地球の気候調節に重要な役割を果たす巨大な炭素吸収源となっている。ラムサール条約の第5条では、湿地が複数の締約国にまたがる場合などに、条約の義務履行について関係締約国が相互に協議し、湿地の保全に関する政策や規則を調整するよう求めている。今回の「複数の国にまたがるラムサール湿地」の設定は、両国がこの求めに従って、豊かな湿地の保全のため協力しようとする意思を示している。ラムサール条約には、現在20の「複数の国にまたがるラムサール湿地」が登録され、そのもとで57のラムサール湿地が管理されている。【ラムサール条約

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース