一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国連環境計画、海洋ごみ対策学生コンテストの受賞者を発表

地球環境 海洋汚染】 【掲載日】2018.03.26 【情報源】国連/2018.03.11 発表

 国連環境計画(UNEP)は、海洋ごみ対策案を学生から募集するクリーン・シー(#CleanSeas)・イノベーション・チャレンジの受賞者を発表した。このコンテストは、世界中の大学生から海洋ごみ問題への革新的解決策を募集するため2017年6月に起ち上げられ、コミュニケーション、工学、経済、予測・回復の4部門に約200件の応募が寄せられた。コミュニケーション部門では、使い捨てレジ袋の使用をやめるよう見る人に訴える海洋生物を模したエコバック、工学部門では、廃棄処分される卵の卵白から生分解性プラスチックを作る計画、経済部門では、カメルーンの学生が考案したペットボトルを再利用して作る漁業用カヌー、予測・回復部門では、チリ海岸沿いの海洋ごみを検出するリモートセンサーの使用法が受賞した。受賞者はサンディエゴで開催される第6回国際海洋ごみ会議でアイデアを発表する。コンテストは、UNEPが海洋ごみ削減のため2017年2月に起ち上げたクリーン・シー・キャンペーンの一環である。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース