一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス、イングランドの泥炭地回復プロジェクトに計1000万ポンドを提供

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2018.05.29 【情報源】イギリス/2018.05.15 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、イングランドにおける泥炭地の回復のために総額1000万ポンドを拠出すると発表した。対象は、炭素削減効果の大きさを中心に同省が選定した4件のプロジェクトであり、回復が行われる泥炭地は合わせて6580ヘクタールに及ぶ(サッカー場に換算して1万613面)。泥炭地は野生生物の生息地として重要であるほか、洪水管理や水質改善、気候調整にも一翼を担う。これらのプロジェクトによって泥炭地の炭素貯蔵力が高まり、推計で年間2万3000トンの炭素が削減できるという。今回の助成を含めた泥炭地の回復・保護の取組は、同国の25カ年環境計画に盛り込まれている。コフィー環境担当政務次官によると、泥炭地はイングランドの景観の象徴ともいえるものであり、野生生物の生息地としてのみならず、クリーンな水の供給源及び温室効果ガス吸収源としての役割も果たす。同次官は、「泥炭地の改善を明記した25カ年環境計画のもと、今よりも良い環境を後世に引き継ぐことができるだろう」と述べている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース