一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 低所得世帯を対象にした節電チェックプロジェクトが10年目を迎える

エネルギー 省エネルギー】 【掲載日】2018.06.19 【情報源】ドイツ/2018.06.06 発表

 低所得者世帯への自治体による節電チェックプロジェクトが開始から10年を迎えたことを受け、ベルリンにて専門会議が開催された。会議は、ドイツ連邦環境省、ドイツカリタス連盟(DCV)、ドイツ・エネルギー・気候保護エージェンシー(eaD)が開催したもの。節電チェックプロジェクトは、2008年以降、国家気候保護イニシアティブにおいて助成されてきたプロジェクトで、雇用市場の目標、社会福祉目標、気候政策の目標と相互に連携ししたものである。これまでの10年間において、30万世帯が助言を受け、約3億ユーロの高熱費の削減が達成された。1回の助言につき、ほぼ2トンのCO2排出が回避されたという。節電チェックプロジェクトでは、低所得層の世帯に対し、節電の助言が提供される。「節電ヘルパー」の教育を受けた長期失業者が助言提供を担当する。各世帯は、無料でLEDランプなど、省エネ機器の提供を受ける。ドイツ国内では、140の自治体がこのプロジェクトを実施しており、助言を受けた世帯では、年間100ユーロから250ユーロの光熱費の節約が達成されている。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース