一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

「オゾン層破壊の科学アセスメント:2018」総括要旨を公表

地球環境 オゾン層】 【掲載日】2018.11.07 【情報源】環境省/2018.11.06 発表

 2018年11月5日(月)、キト(エクアドル)で開催中のモントリオール議定書第30回締約国会合(MOP30)において、2018年版「オゾン層破壊の科学アセスメント」の総括要旨が公表された。
 モントリオール議定書の下に実施された施策により、大気中のオゾン層破壊物質の量が減少し、成層圏オゾンの回復が始まっていること等が取りまとめられている。

 このアセスメントは、「オゾン層破壊物質に関するモントリオール議定書」の下に設置されている科学評価パネルが、世界気象機関(WMO)、国連環境計画(UNEP)と連携し、概ね4年ごとに更新している。
 気象庁・環境省は、これらの科学的評価を踏まえつつ、引き続きオゾン層の観測・監視を実施していく。

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース