一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「生物多様性保全のための沖合域における海洋保護区の設定について(答申案)」に対する意見募集

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2018.11.28 【情報源】環境省/2018.11.27 発表

 環境省は、「生物多様性保全のための沖合域における海洋保護区の設定について(答申案)」の意見募集(パブリックコメント)を実施する。

 日本の沖合域における生物多様性の保全については、沿岸域と比較して具体的な施策は一部を除き講じられておらず、海洋保護区の設定も十分とは言えないため、今後、海洋保護区の設置を通じた沖合域の生物多様性の保全の強化を図る必要がある。そのため、中央環境審議会自然環境部会において「生物多様性保全のための沖合域における海洋保護区の設定について(答申案)」が取りまとめられた。

 意見募集対象:「生物多様性保全のための沖合域における海洋保護区の設定について(答申案)」
 意見募集期間:平成30年11月27日(火)〜平成30年12月26日(水)

 関連資料、意見提出方法等はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース