一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

イギリス気象庁、2019年1月はイギリス大部分で極めて降水量が少なかったと報告

地球環境 その他(地球環境)】 【掲載日】2019.02.18 【情報源】イギリス/2019.02.04 発表

 イギリス気象庁(MetOffice)は、2019年1月のイギリスの気象を総括した。降水量はイギリスの大部分で平年より極めて少なく、スコットランドのクラックマナンシャー、イースト・ロージアン、ファイフでは平均の15%と、1910年以降で最低を記録した。最も降水量が多かったハイランド地方でも平均の74%にとどまった。東および北東イングランドの気候地域で見ると、1910年以降2番目に降水量が少なかった。日照時間が長かったのは北イングランドとスコットランドで、スコットランドでは1929年以降10番目に日照時間が長かった。気温に関してはひと月を平均して見ると平年並みだったが、極端な気象も記録された。1月上旬は比較的高温、下旬は低温で、月末には広範囲で雪氷が観測された。デヴォンのスラプトンでは1月25日に日中の最高気温が14.2℃に達した一方、スコットランドのブレ―マーでは1月31日に1月の夜間の気温として過去7年間で最低の-14.3℃を記録した。【イギリス気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース