一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三井物産、バイオジェット燃料の製造・供給事業展開に向け協業を発表

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2019.07.26 【情報源】企業/2019.06.14 発表

 三井物産株式会社は、全日本空輸株式会社と、米国のLanzaTech Inc.(LT社)の開発した革新的な技術を活用し、バイオジェット燃料の製造事業を共同開発する覚書を締結、協業を推進することを発表した。
 この覚書の取り組みの一環として、2019年秋にLT社のバイオジェット燃料を使用し、米国-日本間で新造機によるデリバリーフライトを共同実施する。

 LT社は製鉄所や製油所などの排ガスからエタノールを製造する世界で唯一のガス発酵技術を開発しており、既に中国では同技術を使用した商業プラントも稼働している。
 また、LT社はエタノールからバイオジェット燃料を生成する触媒技術も確立している。
 将来的には排ガス由来のエタノールからバイオジェット燃料を一気通貫で量産化し、本邦含む全世界へ供給することでCO2の排出量の削減を図り、地球環境保全により大きく貢献できるバリューチェーンの確立も目指している。

【三井物産株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース