一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、今後のエネルギーはコロナ危機下の対応次第と「世界エネルギー展望2020」で報告

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2020.10.29 【情報源】国際機関/2020.10.13 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は「世界エネルギー展望2020」を公表し、コロナ危機が続く中、クリーンエネルギーへの移行を加速し気候目標を達成するには適切なエネルギー政策の拡大が必要だと指摘した。報告書では今後10年に重点を置き、コロナ危機後の4つのシナリオを提示。その主な内容は次の通りである。
 ・2020年の世界エネルギー需要、エネルギー関連CO2排出量、エネルギー投資はそれぞれ、5%、7%、18%減少する見込み。
 ・現在公表されている政策に基づくシナリオでは、世界エネルギー需要は2023年前半に危機前に戻るが、危機が長引くシナリオでは2025年まで戻らない。
 ・再生可能エネルギーは全てのシナリオで太陽光を中心に拡大。
 ・現在の政策では、石炭の需要は減少、天然ガスは増加、石油は経済の不透明感に脆弱。
 ・化石燃料を用いた既存インフラ(発電所、工場等)が従来通り稼働を続けるだけで、気温が1.65℃上昇。
 ・2070年までに全世界でCO2排出実質ゼロを実現するには国や企業が実質ゼロ目標を期限通り完全に達成する必要があり、2050年までに実質ゼロを実現するには今後10年で大幅な追加行動が必要だという。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース