一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス、イングランドの自然回復を目指す過去最大のイニシアティブ「ネイチャー・リカバリー・ネットワーク」が発足

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2020.11.24 【情報源】イギリス/2020.11.05 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)によると、現代の最大の課題(生物多様性の減少、気候変動、人間と自然との隔絶)への対策の一環として、イングランドの自然回復を目指すイニシアティブ「ネイチャー・リカバリー・ネットワーク」(NRN)が2020年11月5日に発足した。
 これはDEFRAの執行非省庁公共機関「ナチュラル・イングランド」が率い、政府や環境団体、企業など600超の機関が参加し、この種のイニシアティブとしては過去最大。
 NRNの目標は、1)野生生物の生息地50万ヘクタール以上の創出・修復(25ヶ年環境計画の項目の一つ)、2)75%の自然保護区の回復、3)絶滅危惧種・象徴種の回復(生息地や移動経路の提供)、4)森林18万ヘクタールの植樹支援、5)炭素回収や洪水管理など広範な利益の提供、6)人間と自然との距離縮小(健康と福利の向上)。
 同機関の調査では、イングランドの公園や森林等はコロナ危機下での精神衛生の維持で大きな役割を果たしており、NRNの取組は復興の鍵にもなるという。
【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース