一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

有明海南部海域及び八代海における藻場・干潟分布状況調査の結果を公表

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2021.01.18 【情報源】環境省/2021.01.15 発表

 環境省は、有明海及び八代海等の藻場干潟の保全・再生・創出等を図るため、平成31年度に有明海南部海域及び八代海において、衛星画像の解析手法を用いた藻場干潟の分布状況調査を実施し、その結果ととりまとめ公表した。
 
 衛星画像の解析による有明海南部海域の藻場面積は1,457ヘクタール、干潟面積は5,687ヘクタールだった。八代海の藻場面積は2,385ヘクタール、干潟面積は4,992ヘクタールだった。
 また、平成30年度に実施した有明海北部海域における藻場干潟分布状況調査結果とあわせると、有明海・八代海全体で藻場面積は3,842ヘクタール、干潟面積は23,792ヘクタールとなった。

 藻場干潟の分布状況の経年変化を把握するため、衛星画像の解析に加えて、既往調査(平成9年度)と同様にヒアリングによる干潟の分布状況調査も実施した。平成31年度のヒアリング調査結果では既往調査に比べ藻場が約15%、干潟が約3%増加していた。

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース