一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州化学物質庁、狩猟・屋外射撃用の銃弾や釣り具への鉛の使用に対する規制案を提出

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2021.02.22 【情報源】EU/2021.02.03 発表

 欧州化学物質庁(ECHA)は、狩猟・屋外射撃用の銃弾や釣り具へのの使用に対するEU規制案を提出した。
 ECHAによると、年間1億2700万羽以上の鳥類中毒のリスクにさらされ、人も弾による狩猟、製銃弾や釣り具の製造等を通してに暴露している。暴露は特に子供の神経発達に有害で、約百万人の小児が狩猟肉の摂取により中毒を起こしやすい。
 こうしたリスクに対処するため、同庁はリスク管理の様々な選択肢を評価し望ましい選択肢を特定。狩猟・屋外スポーツ射撃用散弾の販売・使用の禁止、銃弾へのの使用禁止、を含む釣り用重り・疑似餌の販売・使用の禁止等を提案している。弾の軍事的使用や非民間人(警察、税関等)による使用、屋内使用は適用外とする。
 同庁の試算では、規制が導入されれば環境中に放出されるは20年間で約170万トン減少、狩猟肉の摂取が多い家庭の小児も守られる。大口径弾の使用を段階的に削減すれば年間最大7000人の小児の知能指数低下を回避できるという。
 同案は2021年1月25日に採択された湿地での弾の使用規制に続くもの。3月24日に6ヶ月協議が開始される。
【欧州化学物質庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース